2017年05月05日

爪水虫とは

そもそも爪水虫とは、

念のため書いておきたいと思います。

これ、おじさんの爪のことでしょ?
と考えがちですが、

実はお姉さんも結構かかるしかも治りにくい病(やまい)。

水虫は水虫菌(白癬菌)が皮膚などに住みついちゃって繁殖しちゃって、

皮膚がボロボロになったり、痒みやら痛みがあったり、ひどいときには皮膚がただれて出血したりする場合もあります。

さて、爪水虫とは。

皮膚でそんなにも強力な菌が

足の爪に住みついたら・・・それが爪水虫

痒みはありませんが、足の爪が厚くなり、端がボロボロ落ちてきたり、白く濁ったり。

とにかく夏の空の下にさらせないような悲惨な見てくれになってしまうことです。

写真をご覧になりたい方は、ブログ内のこちらへ。
うひゃーーーー、って感じですので、ご注意ください。

爪水虫写真

posted by 白扇 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 爪水虫とは